沖縄北のシュノーケリングを楽しむための注意点は?

沖縄でのアクティビティ、シュノーケリングを目一杯楽しみたいという方は多いでしょうが、初心者の場合には基本的なルールを把握していない方が多く、結果としてトラブルに巻き込まれる可能性もあります。ここではシュノーケリングをする前にチェックをしておきたいポイントを紹介します。

体調面の注意点

シュノーケリングは水の中で行うアクティビティ。地上にいる時よりも負荷が掛かり、想像以上に体力を消耗するものです。このため体調面に不安がある時には、いくら沖縄に来たからといっても中止すべき。

体調が悪いことはもちろん、風邪薬や常用している薬があり何かしらの持病がある方は医師に相談をすることが大事です。他にも飲酒状態などで行ったり、二日酔いなどの状態で行うのも辞めましょう。

場所の注意点

なんだかキレイそうだからと勝手にシュノーケリングをどこでも始めるのはリスクが高いです。使用禁止区域はもちろん、海水浴場の中にはシュノーケリング禁止のところもあります。

また高い波が発生するようなところや潮の流れが早い場所でのシュノーケリングは危険ですから注意しましょう。

その他の注意点

その他の注意点としては子供だけ(高校生以下)で行わないこと。自分の知識のない生物に素手などで触れないこと。浮力体を使用しないで行うこと。

たった一人だけで行わないことなどが挙げられます。シュノーケリングはダイビングなどと違い、意外と簡単に個人的に始められるアクティビティですから、甘くみがちですがこれらの点を注意しましょう。

楽しむために注意点を把握しよう

これらの注意点を把握することが沖縄でのメジャーアクティビティであるシュノーケリングをより楽しむためのポイントになりますから、覚えておきたいですね。

関連する記事