沖縄北部のシュノーケリングは家族連れ向け

沖縄でシュノーケリングの魅力を十分に堪能したいのであれば、南部と北部、そして中北部という大きく3つのエリアに分かれているシュノーケリングスポットとその楽しみ方を把握しておく必要があります。ここでは北部のシュノーケリングスポットの楽しみ方を紹介します。

本島北部の海の特徴

沖縄本島のシュノーケリングスポットは大きく3エリアに分けられますが、その一つが北部エリア。この北部の中でも最もおすすめなのが本部半島です。

有名スポットであるゴリラチョップがある崎本部がシュノーケリングスポットとしては有名です。北部のシュノーケリングポイントは浅瀬が多くサンゴが生い茂り、魚も多く見られること。

結果的に家族連れなど小さなお子さんや泳ぎなどが苦手な人間と訪れてシュノーケリングを行うにはもってこいのポイントと言えるでしょう。

シュノーケリングだけではない楽しみも

シュノーケリングを楽しむのは沖縄ならではのアクティビティとされていますが、北部エリアのシュノーケリングポイントの近くには、美ら海水族館や今帰仁城跡などの観光スポットも存在しています。

家族連れでも楽しむことができる遠浅のビーチでシュノーケリングを楽しみ、その後に美ら海水族館でここでしか観賞することができない海の生き物達をチェックする。

更に今帰仁城跡を訪れ沖縄の古い歴史を体感するなんてツアーは贅沢すぎる夏の沖縄のアクティビティとはいえないでしょうか。

本島北部エリアのシュノーケリングがおすすめな人

シュノーケリングスポットは数多くあれど、ツアー+シュノーケリングを楽しみたい家族連れにとってもぴったりなのは北部スポットになります。

歴史や水族館、更にはマリンスポーツという贅沢なアクティビティでお腹いっぱいになりましょう。

関連する記事