シュノーケリングを楽しむために覚えておくべきルール

沖縄でのアクティビティの代表格であるシュノーケリングを楽しむためには、さまざまな知識を把握しておくことが大事です。その一つが根本中の根本である意味でのルールを覚えること。シュノーケリングを楽しむために把握しておくべきルールを紹介します。

シュノーケリングができる場所かどうかの確認

波が高いような場所や潮の流れの早いところなどはシュノーケリング禁止区域に指定されていることが多いです。他にも沖縄県内の海水浴場にはシュノーケリング禁止の海水浴場も存在していますから、シュノーケリングが出来るスポットなのかどうかを事前に確認しておくべきでしょう。

基本中の基本ですが沖縄に来た開放感などもあり、好き勝手にシュノーケリングを始めてしまう方も少なくありません。ルールは絶対ですから事前に確認して守ることが大事です。

潮の流れを確認する

シュノーケリングを行う場合には、さまざまな情報を事前に把握しておく必要があります。その中でも重要なのが天候。天気が悪いと海が荒れてしまうため当然ですよね。

しかしながら天候だけでは思いもよらないトラブルに巻き込まれる可能性があります。干潮や満潮、更に時間帯によって変わる潮の流れやその強さといったものを事前に確認しておきましょう。

こういったことを怠ると素人では対処できないトラブルに巻き込まれる可能性もありますからしっかりと行っておきたいですね。

最低限に行っておくべきことをする

海のトラブルに詳しい人間からすると当たり前に事前確認しておくべきことでも旅行者でしかも初心者という方なら面倒でなかなか調べようとしないような情報があります。

しかし沖縄でのシュノーケリングを良い思い出にしたいのであれば、最低限に行っておくべき情報収集はきっちりと行いましょう。

関連する記事